オープンキャンパス

オープンキャンパスの開催について

本年度もオープンキャンパスを下記の日程により開催いたします。
皆さんの参加を心待ちにしております。

日時 令和元年7月25日(木)13:00~(12:30~受付)
場所 アルメイダ研修会館 5階ホール
大分市医師会立大分准看護専門学院
(アルメイダ病院北側)
日程 12:30~受付  (アルメイダ研修会館)
13:00~13:15 オリエンテーション 
13:15~13:45 学院説明
13:45~14:15 DVD(看護の仕事)
14:30~15:40 体験学習
15:40~16:10 質疑及び意見交換、まとめ
準備物 上靴 or スリッパ、筆記用具

参加希望の方は学校名と氏名、社会人の方は氏名のみ 7月22日(月)までに学院へメールでお知らせ下さい。
*当日参加が無理な方はご相談に応じますので、直接学院までご連絡をお願いします。

オープンキャンパス開催の終了について

看護が分かり学院が分かり!夢が見つかる!
去る7月25日、令和最初のオープンキャンパスが開催され、高校生から社会人まで多くの皆さんの参加がありました。
参加者は、看護の仕事について説明を受けた後、実際に器具を使った体験活動をしました。真剣に受講する姿や在校生と一緒の血圧測定で興味津々で取り組んでいる場面に感動しました。
今回の活動を通して、一人でも多くの方が看護という仕事に夢を持ち、地域医療の第一線で活躍して頂くきっかけづくりとなれたなら幸いです。
当日の様子は、OBS大分放送のイブニングニュースで紹介されました。

【参加者の声】
・今日初めて、する側の体験をした。肺音の違いによる患者さんの容態把握や正式な血圧測定など看護の仕事の一端に触れ感激した。
・今日の体験活動はどちらもワクワクし、凄く興味が湧いてきた。
・先輩方から看護の仕事や学院生活など色々とお話しして頂き、看護師になる決意を新たにした。自分の夢の実現に向け努力を続けたい。
・働きながら学べることが自分にとって重要、この学院で学びたい。
・看護に仕事は大変で責任もあるが、とても遣り甲斐があると感じた。
・脚下照顧や無言掃除など、当たり前のことを徹底してやっていて良いなと思った。

このページの先頭へ